WiMAXを自宅で使用する際に工事は必要なの?

まずWiMAXを使用する上での知識として、ADSLのような自宅での回線手続きは不要と言うのを知っておきましょう。

工事はとても手間です。特に予定を合わせると言う面では、パソコン購入→業者に連絡(お店がやってくれる場合もある)→業者と予定合わせ→ようやく開通。

こんな面倒な段取りを踏まなければならない為、実際にはパソコン購入からネット開通まで2,3週間掛かってしまう人も居るようです。

そんな手間が不要なのがWiMAX。WiMAXを導入すれば、パソコンを購入即日からネット開通なんて言う事も当然の如く可能なのです。もちろん自宅のメイン回線としても用いてみてもいいと思います。

もともとWiMAXは、モバイル向けのネット接続環境として始まりましたが、開始から月日を経ながら、エリアはどんどん拡大され、また「WiMAXは電波が悪い」とされてた品質面の部分でも向上されてきました。その為、「都心部のカフェでの簡易通信手段」としてでなく、最近はそのエリアの拡大から住宅地でも普通に通信できる場所が増えて来てる事で、自宅でも簡単にWiMAXが使えるようになったのです。

その為、家庭やオフィスなどと言った場所でも、工事要らずのWiMAXは、メインの回線として、ADSLや光と同じように導入を考えてみるのもいいかも知れません。

そして、そんな時代の傾向から近年「AtermWM3400RN」と言う商品がリリースされました。これはWiMAX内蔵無線LANルーターで据え置き型のルーターです。勿論家庭やオフィスで使えます。

既にWiMAXを利用されてる方には勿論ですが今後新たなネット接続環境を考えているのであれば、導入を検討してみてもいいと思います。

考えとしては、「インターネット接続=後日業者に依頼して工事してから接続」と言うものはもう古く、今後は「AtermWM3400RN」の機能を兼ね備えたような商品は増えると予想されます。「インターネット接続=その日に自分で調べて自分で接続」と言う考えの方が良いかも知れませんね。

WiMAXを自宅で使用する際の、工事については此方でも詳しく取り上げてありますのでご参照ください。