wimaxルーターを選ぶポイントについて

WiMAX等のルーターを選ぶポイントは幾つかあります。2012年だとAterm WM3600rが広く定番として使われていた傾向があります。定番として使われる上では、やはり性能が優秀であったり、総合的な使い易さをしっかり押さえているようですね。

以下に記載するポイントを幾つか踏まえた上で端末を選んでいきたいものです。

まず、バッテリー面です。例に挙げたAterm WM3600rは公称10時間の持ち時間を謳っているように、モバイルWiFiルーターは持ち運びを伴う機会が多いです。その為、バッテリーの持続時間はとても大切です。携帯電話とある程度同じ感覚でバッテリーに関しては考えていたいものです。

更に、Aterm WM3600rには「スタンバイ機能」がついています。使用しない時に自動的にオン・オフ機能が働いてくれるので、電源を切り忘れてしまったと言う時も無駄なバッテリー消費の事を考えなくて済むのは大きいと思います。

通信速度の面も、非常に重要です。インターネットは速度が1秒違うだけでユーザーにとっては快適にもストレスにもなり兼ねません。それを踏まえた上で、ベストエフォートが40MbpsとされるWiMAXの速度をどこまで引き出すかが重要です。

あとは、サイズです。今はUSBタイプのような超コンパクト型のルーターもあります。家でメインでWiMAXを使用するのであれば比較的に大きいタイプのものでも問題ありませんが、頻繁に外出するのであれば、このUSBタイプのような、やはり持ち運びのし易い小さ目のサイズが良いでしょう。

その他には、パソコンやタブレット、スマホ等を沢山持ってる方、また、企業等は「同時接続数」と言って、一台で何台までカバーしてくれるかと言うのも気になる所でしょう。機器を沢山使用するユーザーは、やはりカバー率の高いものを選ぶのがお勧めとされます。この面でもAterm WM3600rは12台をカバーする事が出来るので定番とされている理由となっています。

他の定番商品としては「Uroad-SS10」等が挙げられますが、やはりトータル面で見ると、Aterm WM3600rの人気は安定してると言えます。

WiMAXのモバイルルーター選びのポイントは此方からもご覧頂けます。